メインイメージ

厚木で木造の一戸建て

厚木で木造の一戸建てを購入したい

厚木で一戸建てを購入したいと思う場合、どんなことに留意できるでしょうか?一戸建ての購入で考慮すべきポイントはいくつもあります。それは厚木に限ったことではありませんが、まずは立地条件が重要になります。立地条件と一口にいってもさまざまな要素があり、それらを自分の足で視察して確かめておかなければなりません。

立地条件のリサーチはプロの建築士に依頼することもできますが、その場合は、信頼できる実績のある建築士に頼むようにしましょう。
さて、厚木で一戸建てを購入するとの立地条件のリサーチですが、そのチェックポイントは多岐にわたります。例えば、バス停等交通機関までの距離、職場までの所要時間、学校の位置と距離、コンビニの分布、お店の距離、記入期間、公園、広場、周辺道路の安全性、道路の幅員などを確認します。
立地条件の善し悪しはライフスタイルの実現に関わるので、あらかじめよく調べておかなければなりません。さて、一戸建てを購入する時は、工法についても確かめておきましょう。どんな仕様や構造で建てられているのか、それを調べておくことは重要です。

住宅の工法にはいろいろな種類があり、木造軸組工法から、枠組壁工法、軽量鉄骨、重量鉄骨、鉄筋コンクリート造、ログハウスもあります。工法によって構造性が変わり、生活の快適性も違ってきます。木造軸組工法の場合は、木造だけに室内の通気性が良くなります。

その一方で、湿度で木材が変形したり、通風確保が上手くいかずにシロアリ被害を招くこともあります。また枠組壁工法は、断熱性や耐火性に優れていますが、構造上大きな窓をつけにくいというデメリットもあります。軽量鉄骨の場合は、軽いのに強度がいいというメリットがある一方、木造よりコストがかかり湿気でサビが生じやすいというデメリットがあります。

重量鉄骨では、重量があって外力に強いものの、結露が生じやすいというデメリットがあります。鉄筋コンクリート造では、強度が高くて耐火性に優れるメリットがありますが、コストが高く増改築がしにくいというデメリットもあります。ログハウスの工法では、ワイルドに建てることができますが、自由度は少なく増改築はしづらいのが特徴です。

このように一戸建てを購入するときは、工法に注目しておくのは良いことです。また中古物件を購入するなら、建物全体の劣化状況、耐震性、点検口の有無、防犯性、風通し、結露、カビ、音環境をなどをチェックすることができます。音環境には、2階の音の響きやすさ、トイレの水を流す音などの確認が含まれます。”