メインイメージ

見取り図をチェック

厚木市で一戸建てを購入するなら見取り図をチェック

神奈川県厚木市は東京に隣接していることもあり、都内に勤務している人も多く居住している住宅地です。そのため、神奈川県内でも厚木市は第三位の人口となっており、生活環境が整えられて、インフラ整備や治安の維持などにも力が注がれています。

また、教育機関や保育園などの子育てに必要な施設や医療機関、公園や図書館などの公共施設なども充実しており、都内にも短時間に出かけることができる交通アクセスのよさも人気があります。都内への通勤や通学も比較的しやすいですし、都内に比べるとまとまった広さの土地や一戸建てが手ごろな価格で購入できますので、世帯人数が多くてマンションでは手狭に感じるという人も厚木市へ引っ越してくるケースがあります。

この地域では、土地を購入して注文住宅の一戸建てを建てることももちろん可能ですが、あらかじめ建てられている新築の建売一戸建てを安く購入する世帯も少なくありません。この地域では元々一戸建てを建てる目的で土地を購入している人がほとんどですので、建売住宅で気に入った見取り図のものがあると、どんどん売れていきます。新築も中古も多数取り揃えられていますが、不動産業者は基本的に物件の見取り図を掲載していますので、まずはインターネットで物件を探してみたいという人でも比較的簡単に気に入った間取りのものを見つけることができるでしょう。

見取り図がついていると、一戸建ての外観だけでなく家の内部のレイアウトについてもチェックできますので、自分たちの家族構成で部屋数が足りるか、家族のコミュニケーションが取りやすいか、動線がすっきりしているか、将来的に子どもが独り立ちした後で、高齢者夫婦のみの生活になっても危険性の少ない住宅になっているかなど、いろいろなことをイメージしながら検討できます。

もちろん、依頼すればほとんどの物件は内覧もできるようになっていますが、物件数が多いので、あらかじめ見取り図などで家族で話し合いながら、内覧候補を決めておいたほうがスムーズに物件を絞り込むことができます。

ネット上では公開していない物件を抱えている不動産業者も多いですが、このような物件を紹介されたときには、できるだけ見取り図などの物件の内容が分かるものの写しをもらっておくと、帰宅してから家族で話し合うときにも非常に参考になります。一生使い続ける住宅ですので、妥協せずに気に入ったものを探すようにしましょう。”