メインイメージ

厚木周辺環境に映える家

厚木周辺環境に映えるお洒落なレンガ造りの一戸建て

厚木周辺エリアでは、緑地帯の多い落ち着いた雰囲気の周辺環境に良く映えるレンガ造りのお洒落な一戸建て住宅が人気を集めています。関東圏内でも、比較的若い世代のご夫婦やご家族連れが多く生活の拠点を求めるこの厚木エリアでは、近年特に西洋風の一戸建て住宅の需要が高まってきました。西洋風の住宅の代表的なものとしては、これまでに美しい白塗りの壁や、それに合わせた洋瓦を使った三角屋根などが主流として扱われてきました。しかし昨今は、その白塗りの壁の角にレンガを配したもの、あるいは壁全体をカラフルなレンガで造った本格的な洋館仕様の一戸建て住宅なども人気となっています。

このレンガを一戸建て住宅の壁に用いる場合、例えば赤褐色のものに統一すれば、より重厚感が増します。あわせる洋瓦にも濃い色合いの物を用いることで、アンティークの洋館さながらの高級感を引き立てます。壁と屋根にダークな印象をもたせ、逆に柱やゲートには白色または薄い色を用いれば、エントランスからバランスの取れた配色が魅力的な物件となり、訪問する方の印象にも残りやすくなります。このような物件の場合、さらにアクセントとして、窓枠や戸枠にも薄めの色が用いられる場合もあります。

そして、もう少し明るめのオレンジ色やサーモンカラーのレンガを使った外壁には、同一系統で壁より濃い色、もしくは薄い色の洋瓦を使って統一感を出したものが人気です。この配色は全体が明るくまとまって、住宅そのものに明るく温かい、家庭的な印象を与えてくれます。若いご夫婦や小さいお子さんのいらっしゃるご家庭にぴったりで、人が集まる楽しい空間を演出してくれるのがこの明るめカラーです。さらにこれら色味は、ガーデニングに用いた草花の色も引き立ててくれるので、樹木や季節ごとの花を家の周囲に植えてお庭でのひと時も充実させることができます。厚木に多く残されている緑地や植樹を初めとした周辺環境にも全く違和感がなく、それでいてお洒落に目を引く西洋風の一戸建て物件となるでしょう。

このように、せっかくの緑豊かな厚木という立地を選んで一戸建て住宅を検討する場合には、周囲の恵まれた環境とのバランスを考えた、お洒落な西洋風一戸建て住宅も選択肢のひとつとなります。このエリアで分譲中の一戸建て区画には、すでにそれらの条件を十分に満たしつつ、様々なスタイルから選べる洋風戸建て住宅も多く取り揃っています。”