メインイメージ

厚木の分譲住宅の庭で!

厚木の分譲住宅の庭でバーベキューパーティー

厚木市での2013年度の土地の取引価格の平均は南区で57.49万円、中央区で49.89万円、緑区で31.35万円になります。
因みに、緑区と言うのは、津久井湖や相模湖などの自然が豊富に在るエリアで、南区は小田急線の相模大野駅周辺、中央区はJR横浜線の厚木駅周辺やJR厚木線の南橋本駅などの周辺地域になります。

新宿などに比較的近いのは小田急線の相模大野駅などがある南区ですので、交通の便が良いなどの理由で南区の土地の取引価格の平均は高めになっているのです。

尚、緑区などの地域はJR横浜線の橋本駅周辺も含まれており、分譲住宅も数多くあります。
分譲住宅と言うのは、不動産会社が大きな土地を購入して、購入した土地を幾つかの区画に分割をして、ハウスメーカーや工務店などに依頼をして建物を作り、土地と建物をセットにして販売を行う一戸建て住宅の事を分譲住宅と言います。

分譲住宅のメリットは、土地が購入し易い価格帯になっている事や、建物に使われる建築資材も、分譲住宅で利用されるため、一度に大量生産が可能になりますので、資材のコストを下げることが可能になります。

このコスト削減により、分譲住宅の建築コストが下がり、結果的に販売価格も下がりますので、購入し易い値段になるという事なのです。

尚、分譲住宅の多くは同時に販売が行われますので、入居する人も同時期に引越しをしてきます。
また、家族形態などが似ていることなどで、直ぐに仲良くなるなど、住宅の中にある庭などを利用してバーベキューパーティーを開催する人も少なくありません。

また、厚木と言う地域は、先ほども説明を行ったように、津久井湖や相模湖などの自然が豊富にある場所が近隣エリアに有りますし、プレイスポットの中にはバーベキュー施設などが設けられており、車を利用して出かければ住宅の庭だけではなく、自然の中でのバーベキューを楽しむ事が可能になります。

都心へのアクセスも良く、近隣には自然が豊富にある地域が有るなどの理由からも、厚木は人気の高いエリアでもあるのです。

因みに、分譲住宅を購入する時は、建物が既に完成しているケース、建設中のケース、そして更地の状態で建物が無いケースの3通りがあります。
建物が無い状態の場合は、基礎工事などを見学する事が可能で、徐々にマイホームが完成していく様子をその都度見て行くことが出来ると言った楽しみがあります。

建設中の場合も、骨組みが完成した頃に契約を行えば、家が出来て行く過程を見届けることが出来るのです。

その点、完成済みの場合は家の基礎工事や完成していく様子を見ることが出来ませんが、完成した家を実際に確認をして購入する事が出来るなど、それぞれの過程においてメリットと言うものが在るのです。”