メインイメージ

最近の投稿

厚木で木造の一戸建て

厚木で木造の一戸建てを購入したい

厚木で一戸建てを購入したいと思う場合、どんなことに留意できるでしょうか?一戸建ての購入で考慮すべきポイントはいくつもあります。それは厚木に限ったことではありませんが、まずは立地条件が重要になります。立地条件と一口にいってもさまざまな要素があり、それらを自分の足で視察して確かめておかなければなりません。

立地条件のリサーチはプロの建築士に依頼することもできますが、その場合は、信頼できる実績のある建築士に頼むようにしましょう。
さて、厚木で一戸建てを購入するとの立地条件のリサーチですが、そのチェックポイントは多岐にわたります。例えば、バス停等交通機関までの距離、職場までの所要時間、学校の位置と距離、コンビニの分布、お店の距離、記入期間、公園、広場、周辺道路の安全性、道路の幅員などを確認します。
立地条件の善し悪しはライフスタイルの実現に関わるので、あらかじめよく調べておかなければなりません。さて、一戸建てを購入する時は、工法についても確かめておきましょう。どんな仕様や構造で建てられているのか、それを調べておくことは重要です。

住宅の工法にはいろいろな種類があり、木造軸組工法から、枠組壁工法、軽量鉄骨、重量鉄骨、鉄筋コンクリート造、ログハウスもあります。工法によって構造性が変わり、生活の快適性も違ってきます。木造軸組工法の場合は、木造だけに室内の通気性が良くなります。

その一方で、湿度で木材が変形したり、通風確保が上手くいかずにシロアリ被害を招くこともあります。また枠組壁工法は、断熱性や耐火性に優れていますが、構造上大きな窓をつけにくいというデメリットもあります。軽量鉄骨の場合は、軽いのに強度がいいというメリットがある一方、木造よりコストがかかり湿気でサビが生じやすいというデメリットがあります。

重量鉄骨では、重量があって外力に強いものの、結露が生じやすいというデメリットがあります。鉄筋コンクリート造では、強度が高くて耐火性に優れるメリットがありますが、コストが高く増改築がしにくいというデメリットもあります。ログハウスの工法では、ワイルドに建てることができますが、自由度は少なく増改築はしづらいのが特徴です。

このように一戸建てを購入するときは、工法に注目しておくのは良いことです。また中古物件を購入するなら、建物全体の劣化状況、耐震性、点検口の有無、防犯性、風通し、結露、カビ、音環境をなどをチェックすることができます。音環境には、2階の音の響きやすさ、トイレの水を流す音などの確認が含まれます。”

見取り図をチェック

厚木市で一戸建てを購入するなら見取り図をチェック

神奈川県厚木市は東京に隣接していることもあり、都内に勤務している人も多く居住している住宅地です。そのため、神奈川県内でも厚木市は第三位の人口となっており、生活環境が整えられて、インフラ整備や治安の維持などにも力が注がれています。

また、教育機関や保育園などの子育てに必要な施設や医療機関、公園や図書館などの公共施設なども充実しており、都内にも短時間に出かけることができる交通アクセスのよさも人気があります。都内への通勤や通学も比較的しやすいですし、都内に比べるとまとまった広さの土地や一戸建てが手ごろな価格で購入できますので、世帯人数が多くてマンションでは手狭に感じるという人も厚木市へ引っ越してくるケースがあります。

この地域では、土地を購入して注文住宅の一戸建てを建てることももちろん可能ですが、あらかじめ建てられている新築の建売一戸建てを安く購入する世帯も少なくありません。この地域では元々一戸建てを建てる目的で土地を購入している人がほとんどですので、建売住宅で気に入った見取り図のものがあると、どんどん売れていきます。新築も中古も多数取り揃えられていますが、不動産業者は基本的に物件の見取り図を掲載していますので、まずはインターネットで物件を探してみたいという人でも比較的簡単に気に入った間取りのものを見つけることができるでしょう。

見取り図がついていると、一戸建ての外観だけでなく家の内部のレイアウトについてもチェックできますので、自分たちの家族構成で部屋数が足りるか、家族のコミュニケーションが取りやすいか、動線がすっきりしているか、将来的に子どもが独り立ちした後で、高齢者夫婦のみの生活になっても危険性の少ない住宅になっているかなど、いろいろなことをイメージしながら検討できます。

もちろん、依頼すればほとんどの物件は内覧もできるようになっていますが、物件数が多いので、あらかじめ見取り図などで家族で話し合いながら、内覧候補を決めておいたほうがスムーズに物件を絞り込むことができます。

ネット上では公開していない物件を抱えている不動産業者も多いですが、このような物件を紹介されたときには、できるだけ見取り図などの物件の内容が分かるものの写しをもらっておくと、帰宅してから家族で話し合うときにも非常に参考になります。一生使い続ける住宅ですので、妥協せずに気に入ったものを探すようにしましょう。”

グランドピアノを置ける住宅

厚木の戸建てにグランドピアノを置きたい

厚木は神奈川県の北部に位置するところにあり、八王子などと近いところです。ここはとても住みやすく自然的な環境も優れているところでもあります。都会は苦手、しかし田舎すぎるところはちょっと嫌だという方には向いているかもしれません。
きちんと街自体が整備されていて、きれいなところですし、学校や施設などの設備もしっかりしています。
もちろん子育てもしやすい環境でもあります。そして、もしグランドピアノを置きたいと考えている方は、厚木の戸建てはとてもおすすめです。特にとなりの家と少し距離があるというところですと、防音の面でも安心です。

もちろんグランドピアノを置くということでしたら、窓やドアには防音効果があるものを使った方が良いでしょう。厚木は車生活をされている方が多いところなのですが、もしピアノ教室を開いたり、またお子さんが通うということになりますと、それだけ練習をしたりレッスンをするのであればグランドピアノのほうがもちろん良いです。都内ですと、なかなかスペース的な問題もあり、置けないということもあります。

しかし、厚木は都内と比べますと地価も安くなっていますので、同じ予算であったとしても注文住宅の戸建てということでも可能な場合もあります。やはり、ピアノを置くということで考えたときに、アップライトとではスペース的にも音の面でも異なりますので、都内で隣近所との距離が本当に近いというのは考えた方が良いでしょう。よっぽど優れた防音効果がある素材を使って対策をしないと、隣近所と音の問題でもめてしまうこともあるでしょう。

そういった付き合いというのは、とても需要になります。マンションですと、防音設備があり、かなり密閉性があるつくりにできますので、音だし可、楽器を置くことが可となっている物件もあります。しかし、もし戸建で楽器を演奏するのでしたら、それなりに対策をしなければなりません。

それはマナーの範囲ということになります。注文住宅で戸建てを建てるという場合でしたら、最初からかなり防音的なものを考えていかなければなりません。もし分譲の戸建ての場合でも、あとから室内に入れるタイプの防音室を入れるなどの対策も必要です。
しかしそれは部屋が狭くなりますので、できれば最初から戸建てを建てる注文住宅として、色々な対策をするということのほうが重要なのです。まずは音の問題をクリアにすることで、近所の人ともうまくやっていけるでしょう。”