メインイメージ

弁護士費用とは

交通事故に遭った時に依頼をする弁護士費用とは

交通事故にの被害者となってしまった時、体や車が傷ついてしまい加害者側に損害賠償請求をする時、重要となるのが過失割合です。双方の自動車保険会社はこの過失割合を相殺する事で、負担をする金額を決定します。その際に被害者側の過失が「0」であった場合には、過失相殺をする必要が無くなるので、被害者側の保険会社は動いてくれないという事です。その場合には加害者側の保険会社との交渉を被害者本人が行う可能性が高くなります。

保険会社は被害者に対して示談の交渉をして来る事もあり、交渉に関しては慣れている為に交通事故の対処に慣れていない被害者は困惑をする事も多いようです。時には治療費の支払いを打ち切る提案をして来る事も有るようで、更には支払い義務の無い事を確定する為に裁判を提起する事もあるようです。そして保険会社は交渉に行き詰まると弁護士を立てて来る事もあるようなので、そのような時には被害者が法律の専門家でも無い限りは、到底対抗出来ないという事が現状ではないでしょうか。

自分一人の知識では対応の限界があると感じた時は、やはり弁護士に相談をする事が得策と言えるかも知れません。相手の保険会社が提示する損害賠償金が適正な金額であるかを判断する為には、交通事故後弁護士に相談をする事が大切と言えます。自分一人の力で損害賠償金を得る為に行動した時に比べて、明らかに充実をした金額を得られる事が多いようです。

損害賠償金には心身の傷や後遺症、後遺障害等についての慰謝料の他、病院の治療費や入院費、退院後の通院の交通費、仕事を休んだ日の分の給与補償等があります。損害賠償金について知識が薄い場合でも弁護士の助言や手続きを代理でやって貰う事で、円滑に希望の金額を請求する事が出来るようになります。実際に自分一人で請求をした場合に比べて5倍の金額の支払いを受ける事が出来たという事例もあるようです。

しかしながらその際に気になるのが費用です。相手側との交渉が決裂して裁判になった時にはいったいどの位の費用が掛かるのか想像も出来ないという場合も多いのではないでしょうか。それでも良心的な法律事務所では、交通事故の案件については着手金を無料にしている所も多いようです。実際に掛かる費用は成功報酬という事になりますが、その基準となる金額も勝ち得た損害賠償金全てでは無く、当初からの増額分について一定の率を乗じた金額としている所もあるので、信頼できる法律事務所に依頼をする事で、交通事故の問題を迅速に希望通りの結果で解決をする事も可能になるようです。